RCCNEWS

P
R

RCC天気

  • 今日の天気
    今日の天気
  • 注意報警報
    注意報警報
  • 雨雲レーダー
    雨雲レーダー

全国ニュース

image

 アメリカのニューヨーク・マンハッタンにあるトランプタワーの真正面の道路に、黒人差別の是正を訴える運動のスローガンが描かれました。

 「ニューヨークのトランプタワーの正面です。目抜き通り5番街なのですが、ここに『Black lives Matter』、黒人の命は大切だという文字を今、書き始めています」(記者)
 黒人男性が白人警察官に拘束され亡くなった事件に端を発した、黒人差別撤廃を訴える抗議運動。そのスローガンが9日、ニューヨークにあるトランプタワーの正面の道路に大きく描かれました。

 「トランプタワーの前に描くことで世界が注目する。トランプ大統領には、世界中にたくさんの痛みがあることをわかってほしい」(参加者)
 今回のペイントは、抗議デモの一部参加者を非難し、警察を擁護する姿勢を見せるトランプ大統領に対して抗議の意思を示す意味もあり、ニューヨーク市が許可を出したものです。トランプ大統領はこのペイントの計画について、「美しい通りを侮辱するものだ」などと強く反発していました。(10日05:54)

image

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)党委員長の妹・金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が米朝首脳会談についての談話を発表し、非核化について「我々はしないのではなく、今はできない」とし、アメリカが「不可逆的な重大措置」をとる必要があると主張しました。

 これは朝鮮中央通信が10日朝、報じたもので、金与正党第1副部長は談話で米朝首脳会談について「個人の考えではあるが今年はないと思う」との見解を表明。「意見の相違がある状態でアメリカの立場に変化がないかぎり、年内、そして今後も首脳会談は不必要」で、北朝鮮にとって「無益だ」と強調しました。また、非核化については「我々はしないのではなく、今はできない」としたうえで、非核化のためには北朝鮮の行動と並行してアメリカが「不可逆的な重大措置」をとる必要があると主張しています。

 一方で、与正氏は首脳会談が行われるかどうかは「両首脳の判断と決心」次第だとも述べ、「トランプ大統領の事業で良い成果があることを祈願する」との金正恩党委員長からのメッセージを伝えています。(10日09:49)

image

 九州北部地方は土曜日までの2日間で7月の1か月分を超える雨が降るおそれがあり、気象台は土砂災害や河川の氾濫に厳重な警戒を呼びかけています。

 気象台によりますと、九州北部では10日昼前にかけて、多いところで1時間に60ミリの非常に激しい雨が降る予想です。11日午後6時までの48時間雨量は300ミリから400ミリに達するおそれがあり、これは7月の1か月分を超える雨がわずか2日間で降る計算です。

 福岡県と佐賀県では、あわせておよそ12万6900世帯、30万人近くに「警戒レベル4」の避難勧告が出されています。これまでの記録的な大雨により地盤が緩んでいる所があるため、気象台は土砂災害や河川の氾濫に厳重な警戒を呼びかけています。(10日01:28)

 自宅で大麻を所持したとして、元広島カープの投手で今季はロッテに所属していたジャクソン容疑者が逮捕されました。

 警察によりますと、ジャクソン・ジュニア・ランディー容疑者は今月7日ごろ、千葉市美浜区の自宅で大麻リキッドを所持していた疑いが持たれています。

 薬物を使用しているという情報が入り、警察がジャクソン容疑者の自宅を捜索したところ、「リキッド」数本を発見。鑑定の結果、大麻と判明したということです。調べに対し、ジャクソン容疑者は、「何も話したくない」と話しているということです。

 ジャクソン容疑者は2016年から3年間、広島カープに所属。今季は千葉ロッテに所属していました。(10日06:37)

image

 東京では9日、一日あたりの感染者数としてはこれまでで最多となる224人の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。

 東京都で9日に新たに確認された感染者は224人で、およそ3か月ぶりに過去最多を更新しました。9日の感染者のうち、20代、30代の若い世代が全体の75%を占めていて、感染経路がわかっていない人の数は、半数近い104人に上っています。また、感染経路別では、74人が確認されたホストクラブなど、いわゆる「夜の街」に関連する感染者だけでなく、家庭内で20人、会食で14人などと多岐にわたっています。

 東京都は、「感染が若い世代から年齢層の高い世代へ移っていくと、今後の医療体制にも影響を及ぼすおそれがある」として、若い世代に対し、「感染しない・させないよう」改めて注意を呼びかけています。(10日00:46)

PAGE TOP