RCCNEWS

P
R

RCC天気

  • 今日の天気
    今日の天気
  • 注意報警報
    注意報警報
  • 雨雲レーダー
    雨雲レーダー

全国ニュース

image

 北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長は4日、脱北者らによる体制批判のビラの散布について談話を発表し、韓国当局が何らかの措置をとらない場合、軍事合意を破棄する可能性もあると警告しました。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は4日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹・金与正党第1副部長が、先月31日に韓国の脱北者らが数十万枚の体制批判ビラを北朝鮮側に飛ばしたことを非難する談話を発表したと報じました。

 与正氏は談話の中で、ビラを飛ばした行為について「最高の尊厳にまで触れ、『核問題』に言いがかりをつけ、不作法に振る舞った」などと批判しています。そのうえで、韓国が何らかの措置をとらなければ、緊張緩和に向けた南北軍事合意の破棄もあり得ると警告しています。(04日07:28)

image

 全米で抗議活動が広がっているミネソタ州の黒人男性が死亡した事件。男性の息子らが現場を訪れ、法の下、事件が公正に扱われるよう求めました。

 「ミネアポリスのジョージ・フロイドさんが亡くなった現場です。こちらにフロイドさんのご家族が姿を現しました」(記者)
 「私たちは公正な裁きを求めています。皆さんからの愛と支援に感謝します」(死亡した黒人男性の息子 クインシーさん)
 ジョージ・フロイドさんが白人の警察官に拘束され亡くなった現場を、3日、息子のクインシーさん(27)が訪れ、全米から支援が寄せられていることに感謝を述べました。立ち会った弁護士は、「人種によって、警察や司法からどう扱われるかが変わってはならない」と訴え、事件の公正な取り扱いを求めました。

 「白人と黒人にとって別の司法制度が存在するべきではありません。法の下で誰もが平等に扱われる一つのアメリカであるべきです」(ジョージ・フロイドさん家族の弁護士)
 「誰にでも起きうることです。変えなければいけません」(死亡した黒人男性の息子 クインシーさん)
 この事件では、首元を押さえた白人の警察官はすでに訴追されていますが、州の検察当局は3日、現場にいた他の3人の警察官についても事件に関与したとして訴追しました。(04日05:52)

image

 黒人男性が白人の警察官に拘束され、死亡した事件を受け、抗議デモが全米に広がる中、ホワイトハウスの報道官は、必要があればトランプ大統領は連邦軍を投入する考えだと強調しました。

 「大統領は唯一の権限を持っていて、必要があれば、大統領が使用する」(マクナニー報道官)
 ホワイトハウスのマクナニー報道官は3日、このように述べ、抗議デモに対する州知事の対応が不十分な場合、トランプ大統領は連邦軍を投入する考えだと強調しました。

 「法執行の役割として、現役部隊を使用するという選択肢は、最後の手段としてのみ使われるべきで、最も緊急かつ悲惨な状況でのみ使用されるべきだ」(エスパー国防長官)
 一方、エスパー国防長官は「いまは連邦軍を使う状況ではない」と連邦軍の投入に否定的な考えを示していて、政権内で意見の食い違いが明らかとなりました。

 連邦軍をめぐっては国防総省が2日、首都ワシントン近郊の基地におよそ1600人を配置したと発表しています。(04日05:06)

image

 新型コロナウイルスについて、東京都では3日、新たに12人の感染が確認されました。このうち、「夜の街」に関連した感染者が半数以上にのぼりました。

 都内では3日、新たに12人の感染が確認されました。このうち20代から50代の男女7人が、新宿エリアをはじめとした接待を伴う飲食店など、いわゆる「夜の街」の従業員や客だということです。

 「だんだん夜の街関連に移ってきているという印象。印象だけではなく現実にそうで、やはり夜の街に対してどのような防止策、感染の拡大を防止するためのアプローチをやるかについて具体的に考えていきたい」(東京都 小池百合子知事)
 3日までの1週間で「夜の街」に関連する感染者は全体の3割近くにのぼっていて、都は今後、繁華街に職員を派遣し見回りなどを強化していく方針です。(03日21:48)

image

 新型コロナウイルスについて、北九州市では3日、新たに5人の感染が確認されました。

 このうち、八幡西区の新王子病院に通院していた60代の女性は、すでに感染が判明している女性と同じバスに乗り合わせていたということです。この病院では、これまでに通院患者と医療スタッフあわせて6人の感染が判明していて、市は、クラスターが発生した可能性があるとみて調べています。

 また、これまでに生徒2人の感染が判明している小倉北区の思永中学校でも、新たに生徒1人の感染が確認されました。

 「これからの数日間はきわめて重要な正念場。短期決戦で決着つけたい」(北九州市 北橋健治市長)
 児童や生徒の感染が相次いでいることを受けて、北九州市は市立の小中学校について、5日から分散登校を実施すると発表しています。(03日22:57)

PAGE TOP