RCCNEWS

P
R

RCC天気

  • 今日の天気
    今日の天気
  • 注意報警報
    注意報警報
  • 雨雲レーダー
    雨雲レーダー

全国ニュース

image

 土曜日(28日)に全国で発表された新型コロナの新たな感染者は2683人となり、過去最多を更新しました。

 東京都内で酒を提供する飲食店などに対し、営業時間の短縮要請が始まった土曜日、レインボーブリッジや都庁のライトアップも10時に消灯されました。

 東京都が発表した新たな感染者は561人。千葉、三重、大分の3県で過去最多を更新するなど、全国の新たな感染者は2683人となり、これまで最多だった先週土曜日(21日)を100人近く上回りました。

 一方、入院中の「重症者」は、東京でこの1週間余りだけで30人ほど急増し、67人となっています。「重症者」を収容できる病床は150あるとされていますが、都の関係者からは、「実際に使えるのは半分ぐらい」との危機感も示されています。

 「実際に医療現場の話を聞いて、共通課題であるのは人員の確保という点」(東京都 小池百合子知事)
 急きょ医療現場を視察した小池知事は、医師や看護師などの「人材、人手が厳しい」と述べ、病床の数だけでなく医療スタッフの確保が喫緊の課題だとの認識を示しました。(29日00:44)

image

 GoToトラベルを東京で続けるかどうか、その判断を誰がするかを巡って、あくまでも「国が判断すべき」と強調してきた小池知事が、「一時停止」などについて政府側に問い合わせたことを明らかにしました。

 「GoToトラベルの事業に関して、一時停止などについて詳細が分からない部分もある。具体的な内容について、所管の省庁に対して意見照会を行いました。国からの回答を見まして、今後の対応も考えていきたい」(東京都 小池百合子知事)
 GoToトラベルを東京で続けるべきかどうかを巡って、小池知事はこのように述べ、「一時停止」するための具体的な手続きなどについて政府側に問い合わせたことを明らかにしました。

 小池知事はこれまで、東京都のコロナ感染者と重症患者が急増する中でGoToトラベルを停止すべきかどうかを巡って、「政府が判断すべき」との原則論を繰り返し強調してきましたが、政府側の「回答」しだいでは、東京都側から「一時停止」を求める可能性を示唆した形です。(28日22:32)

image

 観光支援策=「GoToトラベル」を巡って、27日、菅総理は、札幌市と大阪市から出発する旅行は控えるよう呼びかけました。

 「札幌市、大阪市について、出発分についても利用を控えるよう直ちに呼びかけることといたします」(菅義偉首相)
 大阪府の吉村知事は・・・
 「大阪府としても国と協力して新型コロナの感染拡大をおさえていかなくてはいけない。大阪市からの出発についての利用の自粛を大阪市民の皆様にお願い申し上げたい」(大阪府 吉村洋文知事)
 こうした呼びかけに対し、大阪市民は・・・
 「感染者が多い地域と思うので仕方がないと思うけど、住んでいる身からしたら腫れ物扱いされているのではと思う」(大阪市民)
 大阪市を目的地とする旅行は既に補助の対象外となっていますが、道頓堀では大阪市以外からの観光客の姿も見られました。

 「スケートの試合を見に来た。チケットがあったので来ないという選択はなかったが、それがなかったら考えたかもしれない」(東京からの観光客) 「気をつけなくてはいけないけど、油断している」(東京からの観光客)(28日16:14)

image

 北海道では、「札幌出発」の自粛要請に、旅行客は複雑な思いで受け止めています。

 「しかたがない。こんなに感染者が増えているから」(東京へ向かう旅行客)
 観光客に人気の札幌・二条市場では、21日に政府が札幌を「目的地」とする旅行の新規予約の受け付けの一時停止を決定したことを受け、すでに客足に深刻な影響が出ています。

 「(人出は)先週と比べると雲泥の差。人は全然少ない」(市場の関係者) 「(客が)行ったり来たりできないのが本当に大変」(市場の関係者)
 北海道経済を支える観光がさらに冷え込むのは必至です。(28日15:37)

image

 アメリカでは新型コロナの感染者が累計で1300万人を超え、専門家は、年明けまでに感染を抑えることは困難だと警告しています。

 ジョンズ・ホプキンス大学の集計によりますと、アメリカでは新型コロナの累計感染者が1300万人を突破。6日間で100万人増え、27日の1日あたりの新規感染者は20万人を超えて、過去最多を記録しました。

 「クリスマスや新年の休暇までに状況が良くなるとは思えない(USAトゥデー)」(国立アレルギー感染症研究所 ファウチ所長)
 国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は新聞のインタビューに対し、多くの感染者がいる状態でさらに増加が見込まれる真冬を迎えることになるとして、来年初めまでに感染を抑制することは困難との見解を示しました。

 こうしたなか、ロサンゼルス郡では、新規感染者が規制強化の基準を再び超えたため、自宅待機命令が出されることになりました。30日から3週間、医療従事者などを除いて、できるかぎり外出を控えるよう求められるということです。

 このほかにも、教会での礼拝などを除き、家族以外との会合が原則禁止されたり、店に入店できる人数に制限が設けられたりします。(28日17:02)

PAGE TOP