RCCNEWS

P
R

RCC天気

  • 今日の天気
    今日の天気
  • 注意報警報
    注意報警報
  • 雨雲レーダー
    雨雲レーダー

全国ニュース

image

 17日から予約の受付が始まる新型コロナワクチンの大規模センターで、接種を担当する自衛隊員らが高齢者への安全な接種の実施を誓いました。

 「本センターに来てよかったと思っていただける心のこもった対応をお願いします」(自衛隊中央病院 福島功二院長)
 東京・大手町の大規模接種センターの会場では、医師や看護師の自衛隊員と民間看護師らおよそ120人が参加し、任務にあたるチームの編成完結式を行いました。

 国税局などとして使われていた会場では、階段の手すりの設置や洋式トイレの整備などの改装がおよそ半分程度進んでおり、20日ごろに完了する予定です。

 東京会場の予約は、午前11時ごろからホームページとLINEで始まり、接種券を持つ65歳以上の東京23区の住民に限定して1日5000人を受け付け、30日までに1万人へと枠を拡大していく方針です。(17日09:24)

image

 梅雨前線の影響で熊本県では大雨となっていて、気象台は、土砂災害に厳重な警戒を呼びかけています。

 熊本県中部の山都町では、午前6時までの1時間に90.5ミリの猛烈な雨が降り、5月としては観測史上最も多い雨量を記録しました。県内では降り始めからの雨量が200ミリを超えた所もあり、土砂災害警戒情報も発表されています。

 すでに土砂崩れや床上浸水の被害も報告されていますが、これまでのところ人的被害の情報は入っていないということです。気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫などに厳重な警戒を呼びかけています。(17日09:34)

image

 イスラエルとパレスチナの対立が激しさを増すなか、国連の安全保障理事会は16日、緊急会合を開きました。多くの理事国が即時停戦を求めましたが、安保理としての一致した対応は取れていません。

 今月10日以来、3回目となった安保理緊急会合は、初めて公開で行われ、イスラエルとパレスチナ双方が参加。互いの正当性を主張し、非難の応酬となりました。

 「パレスチナの市民が何人殺害されれば、国際社会は非難するに至るのか。これがイスラエル人なら、1人で充分だろう。すでにパレスチナ人200人が殺され、その3分の1は女性と子どもたちだ。怒りの発端は何なのか」(パレスチナ自治政府 マルキ外相) 「(パレスチナの)ハマスは市民を標的にし、我々はテロリストを標的にしている。我々は市民の被害を最小限にしようとしているが、ハマスは市民の被害を拡大させようとしている」(イスラエル エルダン国連大使)
 会合に参加した国連のグテーレス事務総長は、改めて即時停戦を訴え、多くの理事国もこれに同調しましたが、安保理としての声明を出すなど、一致した対応を取るには至りませんでした。

 関係者によりますと、安保理内では、声明を出すべく調整が続いていますが、イスラエル寄りの姿勢を示すアメリカが声明案に反対しています。会合でアメリカは「関係国との外交努力を続けている」と強調しましたが、議長を務めた中国の王毅外相は「ある国の反対で声明が発表できていない」と述べ、アメリカへの不満を露わにしました。(17日09:10)

image

 イスラエルとパレスチナの衝突が続く中、ヨルダン川西岸地区にあるユダヤ教の礼拝会場で座席が崩壊する事故が発生し、2人が死亡150人以上がけがをしました。

 礼拝中に突如、流れるように滑り落ちていく人たち。土台が崩壊してしまったようです。

 ヨルダン川西岸地区にあるユダヤ教の礼拝会場で16日、座席が崩壊し、信者たちが折り重なるように倒れる事故が発生しました。AP通信によりますと、これまでに50代の男性と12歳の少年の2人が死亡、157人以上がけがをしたということです。この日は、ユダヤ教の祭日を祝うために650人の信者が集まっていました。

 先月にはイスラエルで行われたユダヤ教の行事で信者が殺到し、大勢が折り重なるように倒れる事故が発生して45人が死亡しています。(17日08:27)

image

 中東・イスラエルとパレスチナで攻撃の応酬が始まってから1週間を迎えます。イスラエルのネタニヤフ首相は、「行動をとり続ける」「時間がかかるだろう」と攻撃の続行を強調しました。

 イスラエルのネタニヤフ首相は16日、テレビ演説で「国民に平穏と安全を取り戻すまで、行動をとり続ける」とパレスチナへの攻撃の続行を改めて強調したうえで、「時間がかかるだろう」との認識を示しました。

 イスラエル軍はガザへの攻撃を続けていて、これまでに子ども47人を含む181人が死亡しています。一方、ガザを実効支配するイスラム組織ハマスは、ロケット弾を撃ち込むなどしてイスラエル側で10人が死亡しています。

 イスラエルとパレスチナの攻撃の応酬が始まってから17日で1週間となりますが、事態のさらなる激化が懸念されています。(17日03:01)

PAGE TOP