RCCNEWS

P
R

RCC天気

  • 今日の天気
    今日の天気
  • 注意報警報
    注意報警報
  • 雨雲レーダー
    雨雲レーダー

全国ニュース

image

 新型コロナウイルスの集団感染が起きているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で、14日間の健康観察を終えた乗客の下船が19日、始まりました。20日もおよそ500人が下船する見通しです。

 「乗客が手を振りながら歩いています」(記者)
 厚生労働省によりますと、19日は、高齢者を中心に443人の乗客が下船しました。クルーズ船には乗客乗員およそ2000人が残っていますが、検査で陰性が確認され、症状のない乗客は、20日と21日で全員が下船する見通しです。

 クルーズ船では、19日も新たに79人の感染が確認され、病院に搬送された重症者も29人に増えました。これまでに感染が確認された乗客乗員は621人となっています。(20日01:44)

image

 19日夜、新型コロナウイルスの感染症対策専門家会議の第2回会合が行われ、終了後、加藤厚生労働大臣が会見を行いました。加藤大臣はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」での感染管理について適切に行われたとの認識を示しました。

 19日夜に行われた専門家会議では、クルーズ船内での感染管理について話し合われました。クルーズ船内に入った神戸大学の岩田健太郎教授は、「感染対策がほとんどなされていない」などと批判していますが、加藤厚労大臣は管理は適切だったとの認識を示しました。

 「クルーズ船においては専門家がいなかったというご指摘があるが、専門のチームが常在をし、医療従事者および、クルーの衛生活動の指導にあたっていた。完全にクリーンな場所はつくれないけれども、その中でより危険の高い所と、そうでない所を分けてやっていた」(加藤勝信 厚労相)
 また、専門家会議の脇田座長も、14日間の経過観察期間で発症者が減り、現在はほぼ感染がなくなったとして、船内で「隔離が有効に行われたと確認した」と述べました。その一方で、会議に参加した専門家からは、19日にクルーズ船から下船した人に2週間外出を控えるようお願いするべきだという意見も出たということです。(19日23:45)

image

 集団感染が起きていたクルーズ船で、19日から、政府が陰性を確認した方の下船が始まりました。(19日23:00)

image

 18日にクルーズ船に乗船し、船内の検疫状況を見てきた神戸大学感染症内科の岩田健太郎教授にテレビ電話で話を聞きました。(19日23:21)

image

 森友問題で判決です。補助金およそ1億7000万円をだまし取ったとして、詐欺などの罪に問われた籠池泰典被告に懲役5年の実刑判決が言い渡されました。(19日23:22)

PAGE TOP