RCCNEWS

P
R

カープとの親善試合も中止 メキシコ野球チーム 広島・三次市の合宿を中止

2021.7.21 17:44
 東京オリンピックに出場するメキシコの野球チームは、選手団から新型コロナウイルスの陽性者が出たため、23日から三次市で予定していた広島・合宿を中止しました。

 メキシコの野球チームは、23日から27日まで、三次市の「みよし運動公園」で、事前合宿をする予定でした。しかし、共同通信によりますと、メキシコ国内で調整していた代表選手2人が、19日に陽性と判明したということです。

 三次市は、メキシコ側の関係者や県などと対応を協議していましたが、メキシコ・オリンピック委員会が事前合宿の中止を決定したということです。

 三次市の福岡誠志市長は、「多年にわたり準備してきた事前合宿が中止されることなったことは、大変残念な思い。メキシコ選手団が活躍されることを願います」とコメントしています。

 「本当に残念です。引き続き高いレベルの感染対策をとっていく必要があるが、気落ちしないで、ぜひ全力を出して、このオリンピックで活躍してほしい。」(広島県 湯崎英彦知事)

 合宿の中止に伴って、24日と25日にマツダスタジアムで予定されていたカープとの親善試合も中止となりました。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP