RCCNEWS

P
R

noimage

「新鮮を感じて」 とれたて野菜試食会 農家が企画 広島

2022.4.13 16:17
広島市佐伯区で、農家が企画した野菜の試食イベントがありました。

佐伯区五日市町石内です。80アールの畑で野菜を作る専業農家奥田一成さんです。

畑の中からスズナリのサトイモが姿を現しました。

奥田一成さん
「いいのが出来てます。形もいい形ですね。少し楕円形で丸みを帯びた。」

奥田さんが仲間と企画したのが、JAの直売所で野菜を試食してもらうイベントです。

奥田さん
「高齢化してですね、後継者がいない状況がどんどん増えている状況の中で。皆さんが新鮮でおいしい野菜っていうものをどんどん感じてもらえれば、農家も励みになると思います。」

地元JAのファーマーズマーケットです。午前8時、奥田さんら農家とJAの職員らが調理室に集まりました。

奥田さん
「きょうは短い時間ですけど、楽しい会になるように頑張りましょう。よろしくお願いします。」

料理研究家 山口ようこさん
「シンプルで、お家でも気軽に作れるような味付けにしようと思って。」

献立づくりには地元の料理研究家・山口ようこさんも協力しました。

山口さん
「(ホウレンソウが)立派ですね。持っててね、重いんですよ。水分含んで。」

山口さんは農家から持ち込まれた野菜や惣菜を使って、6品の料理を作ることにしました。開店まであと1時間足らず、大急ぎの作業です。

柴田和広記者
「この試食イベント、2年前に1度あったのですが、その後、新型コロナの影響で開けないないままになってしました。前回は、大変好評だったそうですが、今回、お客さんの反応はどうでしょうか?」

用意されたのはおよそ50食分でした。

女性客
「いただきまーす。」

午前9時の開店とともに買い物客が集まってきました。

女性客
「おいしいです。」

男性客
「おいしい。新鮮なだけにね。」

お客さんからは、「調理の仕方を教えてほしい」という声もありました。

奥田さん
「一緒にやりましょうよ、調理室があるんです。」

奥田さんは次回は、消費者に調理に参加してもらうのも手だと思ったようです。

奥田さん
「お客さんも参加したいような話も出てるし。おおむね評判はよかったので、次回もぜひやらせて頂いて、交流をやっていきたいと思います。」

奥田さんは、「季節ごとにイベントができれば」と期待を膨らませていました。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP