RCCNEWS

P
R

noimage

遺体を3か月以上放置 同居の母親か 67歳の男を逮捕 広島・呉市

2022.4.14 11:49
広島・呉市の自宅に母親とみられる女性の遺体を3か月以上放置したとして、67歳の男が逮捕されました。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、呉市宮原の無職・福本定昭容疑者(67)です。警察によりますと、福本容疑者は、去年12月下旬ごろから13日まで、同居していた90代の母親とみられる女性の遺体を自宅に放置した疑いがもたれています。

13日午前、福本容疑者が関係者に付き添われて、「母親が死に、どうすればいいかわからない」などと交番に届け出たことから、警察が自宅を確認したところ、放置された遺体が見つかったということです。福本容疑者は、遺体を遺棄したことを認めているということです。

女性の遺体に目立った外傷はないということですが、警察は、解剖するなどして、身元や死因について詳しく調べることにしています。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP