RCCNEWS

P
R

noimage

「最後の核実験からの日数」表示を変更 広島・原爆資料館 地球平和監視時計

2022.4.14 11:49
アメリカが去年、臨界前核実験を2回実施していたことを受けて、原爆資料館にある「地球平和監視時計」の表示が変更されました。

原爆資料館の「地球平和監視時計」は、13日の閉館後、「最後の核実験からの日数」が、「499」から、アメリカが臨界前核実験をしたとされる日付けからの日数「209」に変更されました。

13日、アメリカが去年の6月と9月に臨界前核実験を実施していたことが明らかになり、広島市などは抗議文を送りました。

原爆資料館 滝川卓男館長
「核戦力の近代化を推進するという実態が浮き彫りになったと思う。今日の状況を考えると、非常に憂慮すべき状況であると考えている。」

地球平和監視時計の表示が変更されるのは、おととし11月にアメリカが臨界前核実験を実施して以来です。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP