RCCNEWS

P
R

noimage

ポプラ 5年連続赤字 「ローソン・ポプラ」や無人コンビニで今期は黒字へ

2022.4.14 16:14
広島市に本社を置くコンビニエンスストアの「ポプラ」が、通期の決算を発表しました。新型コロナの影響を受け、5年連続の赤字です。

ポプラ 目黒俊治社長
「申し訳なかった。赤字が続いていて…。」

ポプラによりますと、2022年2月期の連結決算は、売り上げがおよそ136億円で、前の年より29.2パーセント減りました。最終的な損益はおよそ5億円の赤字でした。新型コロナの影響で都市部での売り上げが低迷したのが要因で、5年連続の赤字になりました。

一方で、「ローソン・ポプラ」への転換はほぼ予定どおり111店舗で進み、売り上げは1店舗あたりおよそ1.2倍に伸びているということです。

また、1坪のスペースで出店できるセルフレジの無人コンビニを夏までに30店ほど展開する計画です。

ポプラ 目黒俊治社長
「便利性をより便利にするという形で進めたい。」

こうしたことから新年度については、増収増益で黒字になるという見通しを示しました。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP