RCCNEWS

P
R

noimage

河井夫妻事件 新たに被買収2人 正式裁判求める 22人有罪確定 3人が裁判へ 

2022.4.14 18:14
河井夫妻による大規模買収事件で略式命令を受けた被買収者のうち、新たに2人の元議員が、正式な裁判を請求したことが分かりました。これで合わせて12人が正式な裁判を受けることになります。

3年前の参院選をめぐる買収事件では、河井夫妻から現金を受け取った被買収者のうち、25人は罰金と追徴金の略式命令を受けています。

このうち県議会の宮本新八元議員と広島市議会の木戸経康元議員が、命令を不服として正式な裁判を求めたことが新たに分かりました。

宮本元議員は、RCCの取材に対し「無罪を求めるものではない。命令の一部に異議があり、公民権停止の短縮も含まれる」と回答。また、木戸元議員の弁護人は、「公民権停止の期間短縮を求める」としています。

略式命令を受けた被買収者で、正式な裁判を求めたのは、これで3人となります。22人についてはすでに有罪が確定し、5年間の公民権停止となっています。

この事件の被買収側をめぐっては、買収の認識を認めなかったなどの9人が在宅起訴されていて、略式命令を受け入れなかった3人を加えた12人について、今後、裁判が開かれることになります。


●略式命令を受け、有罪が確定し、公民権停止5年となった22人
【県議会】奥原信也元議員、岡崎哲夫元議員、下原康充元議員、砂原克規元議員、平本徹元議員、高山博州元議員
【広島市議会】今田良治元議員、沖宗正明元議員、海徳裕志元議員、豊島岩白元議員、八軒幹夫元議員
【呉市議会】土井正純元議員
【尾道市議会】杉原孝一郎元議員
【廿日市市議】藤田俊雄元議員
【江田島市議会】胡子雅信元議員
【三原市】天満祥典元市長
【安芸高田市】児玉浩元市長※受領当時は県議
【その他】河井案里陣営の当時のスタッフ4人、元国会議員秘書1人

●略式命令を受け入れず、正式な裁判を申し立てた3人
【県議会】宮本新八元議員、平本英司元議員
【広島市議会】木戸経康元議員

●在宅起訴された9人
【県議会】佐藤一直議員、渡辺典子議員
【広島市議会】藤田博之議員、伊藤昭善議員、谷口修議員、三宅正明議員、石橋竜史議員、木山徳和議員
【安芸太田町議会】矢立孝彦議員
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP