RCCNEWS

P
R

夏休み 感染の早期発見 広島空港に臨時PCRスポット設置

2021.7.20 17:57
 夏休みのシーズンを迎えて、県外から広島を訪れる人が増えます。20日、県は、感染者の早期発見につなげようと、広島空港などに臨時のPCRスポットを設置しました。

 「PCR検査、無料で行っております。いかがでしょうか?」(呼びかけ)

 あさって22日から始まる4連休や、盆休みを前に県は、PCR検査の体制を拡充します。広島空港に20日から設置された臨時スポットでは、到着した人に検査キットを無料で配布します。最寄りのPCRセンターやPCRスポットに提出することで、検査を受けることができます。

 「空港でこういうことがあるって知っていましたので、もしチャンスがあれば受けてみたいなと思っていました。」(千葉から)

 「自分自身とか、会社とか、ほかの方に迷惑をかけちゃいけないかなって思って(受ける)。」(埼玉から)

 「感染者もごくわずかではありますが、上がっているという大事なときだと思っております。みなさんにどうにか協力していただいて、(検査を)受けていただきたい。」(広島県 新型コロナ対策担当 妹尾克佳主査)

 広島空港の臨時スポットは、来月31日まで設置されます。

 県内では、このほか、山陽自動車道・下りの小谷サービスエリアにも20日からPCRセンターが設置されています。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP