RCCNEWS

P
R

noimage

「最後の核実験から」日数を巻き戻し 地球平和監視時計 広島・原爆資料館

2022.4.14 16:16
原爆資料館(広島市)の入り口に2つの数字を刻む時計があります。「地球平和監視時計」―。上の数字は広島に原爆が投下されてからの日数。そして、下側には「最後の核実験からの日数」が表示されています。13日の閉館後、最後の核実験から209日に変更されました。

原爆資料館 滝川卓男館長
「核兵器使用のリスクが懸念される世界情勢の中、残念でならない。」

13日、アメリカが去年の6月と9月に臨界前核実験を実施していたことが明らかになりました。

「最後の核実験からの日数」は、各国の実験が発覚するたびに表示が巻き戻されてきました。今回で通算28回目だといいます。

ロシアのウクライナ侵攻が激化し、核兵器の使用を示唆するような発言も相次いでいます。そんな中で実験の実施が明らかになったことは、アメリカも「核戦力の近代化を推進しようとする強い意志を表明することになる」…。広島市は、バイデン大統領などに宛てた抗議文を送っています。

原爆資料館 滝川卓男館長
「核戦力の近代化を推進するという実態が浮き彫りになったと思う。今日の状況を考えると、非常に憂慮すべき状況であると考えている。」

地球平和監視時計の表示が変更されるのは、おととし11月にアメリカが臨界前核実験を実施して以来です。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP